• 3ADAA81C-FF7E-4246-8E4B-725D7386B583
  • CB42C933-E55B-4D65-B99B-FE29E524CD1A
  • mainimage02
皆様にとってベストな毎日へ
施術で最高の笑顔をより多く生み出すため
施術で最高の笑顔をより多く生み出すため
施術で最高の笑顔をより多く生み出すため
hair&make
Concept

不調に悩み鍼灸院までご来院くださった押上駅近隣の方へ

不調の根本原因を特定して再発を予防しつつ回復を

こりが強い箇所を揉んだり叩いたりと、そのようなセルフケアも進展がないわけではございませんが、多くのケースにおいて強く対応し過ぎて揉み返しが起こって悪化してしまい、そもそも肩揉みではこりが強くなっている根本原因への働きかけができないため、遅かれ早かれ不調が戻ってきてしまうのです。

根本から不調を回復させたいと考える押上駅近隣の方々や遠方の方々は、施術のプロフェッショナルにお任せすることをおすすめします。そのプロは鍼灸院や整体院などにいらっしゃるため、相性の良い施術院とのご縁がありますようお祈りいたします。もしご縁がありました際には、整体や鍼灸の施術を通して回復に尽力してまいります。

Menu

京成電鉄・押上駅で営む鍼灸院で実施中の施術を紹介

お値段・施術時間・コースごとの特色などを共有

通常メニュー 30分

3,000円

通常メニュー 60分

5,000円

Voice

肩こりやめまいなどの不調が回復したという嬉しい事例を

読者様と似た不調の回復体験で希望をお届け

40代男性
ふくらはぎを痛めてしまい、治療をして頂きました。
施術後、筋肉痛の様な感じの後に、ふくらはぎの痛みが収まり、仕事にも差し支える事なく回復したのには驚きました!
20代女性
初めての鍼灸で心配でしたが、先生がとても優しく安心出来ました
施術後はからだが軽くなり、とてもよかったです
50代女性
目眩ふらつき、腰痛が、数回の来院で治りました。
マッサージもとても気持ち良くストレス解消になり、今は体全体のメンテナンスをお願いしています。
Q&A

お客様の質問にお答えします

通院してホッと一息つけるような空間を目指して

  • 小児鍼は何歳から対象ですか?

    幼児から可能となっております。

  • 鍼で感染することはありますか?

    使い捨ての鍼を使用しておりますので感染リスクはありません。

Access

とうきょうスカイツリー駅からわずか5分で施術院に到着

概要

院名 ポプリ鍼灸院
住所 〒131-0033
東京都墨田区向島3-14-3 岡安ビル102号室
電話番号

090-4055-2196

090-4055-2196

営業時間

平日:11時~21時(最終受付20時)

土日祝:10時~19時(最終受付18時)

備考

一時的な回復であれば一回鍼灸院に通っていただくだけで実現は可能ですが、そのままではいくら施術の腕が良くても遅かれ早かれ不調は振り返してしまうでしょう。根本的な回復を目指すには定期的かつある程度の長期間を見積もった上で、押上駅近隣まで通院していただく必要があるため、交通の利便性には特に気を遣って現在の立地を選びました。

About us 二つの施術を鍼灸院で施し押上駅近隣に通院する方に対応

整体術を押上駅付近で経営中の鍼灸院で施し筋肉から不調を回復

パソコンやインターネットなどといったIT技術が人類史上類を見ない速度で発達した結果、肩こりや眼精疲労などといった慢性的な不調も老若男女を問わず普及する結果を招きました。このように、技術の発達が人間の想定しきれない未曾有の弊害をもらたすことは歴史では時折発生することで、代表的なのはイギリスの産業革命に伴った環境汚染や伝染病の蔓延などが挙げられます。しかしながら人類はその未曾有の弊害に直面する度に団結して乗り越える方法を模索してきており、整体もその一環として解釈できます。

パソコン作業時にグイッと首を前に突き出すような姿勢、スマートフォン操作時の猫背、これらの不適切な姿勢によってストレートネックや肩甲骨近隣のこりなどが慢性化する結果を招き、これらへの対処が可能なのが整体術です。検査やカウンセリングを通して腰痛や自律神経失調症などの根本原因を特定していき、見つかった原因が筋肉の歪みにあった場合、整体の施術で不調が回復へと向かわせることが可能です。不調が慢性化してしまったからといって諦める必要はなく、長期的な視点で通院していただくことによって、慢性的な不調も回復が期待できるでしょう。

鍼を用いた施術を行う鍼灸院を押上駅近くで営み自己治癒力を回復

中国で古来受け継がれてきた鍼灸を用いた施術法は、自律神経失調症や肩こりなどといった原因がよくわからない慢性的な不調が蔓延してきている現代において再び注目を集めています。西洋医学が明治時代あたりで爆発的に普及するまでの江戸時代の日本では、この鍼灸などをはじめとする東洋医学での対応が一般的であり、中国のこの技術が日本独特の発展を遂げて現代に至っている歴史がございます。

基本的な考え方としては、東洋医学ではあらゆる不調は全身にある経絡のどこかで滞りが発生しているためだという認識の基、その経絡の詰まりを緩和させるために対応したツボへ痛くないほど極細の鍼を打ち込むことによって、お身体の不調を根本からの回復を目指します。これによって皆様のお身体が本来持っている自己治癒力がより活性化され、ある程度のこりや痛みをなどを自分の力見のみで回復できるお身体が仕上がってまいります。鍼を身体に刺すといった行為は、想像とは裏腹に全く痛くないことに拍子抜けされるお客様も多々いらっしゃいます。しかしながら、それでも刺すことに抵抗を感じる方に対しては、刺さない鍼である「てい鍼」を用いた施術でも対応可能なため安心です。