夜泣き対策はどうすればいい?月齢ごとの原因もご紹介

query_builder 2022/09/19
ブログ
ポプリ鍼灸院

「子どもの夜泣きが止まらない…」「夜泣きをやめさせるにはどうしたらいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。夜泣きにはさまざまな原因があり、悩みを溜め込まないためにも、適切な対策を知っておくのがオススメです。


そこで今回は、夜泣きの原因や対策についてご紹介します。毎日の夜泣きにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。



夜泣きはいつまで続くの?

理由がわからないのに、夜中になると子どもが突然泣き出して泣き止まない…赤ちゃん特有のこういった現象を「夜泣き」といいます。一般的に、夜泣きは生後3ヶ月ごろから1歳6ヶ月ごろにかけて続きやすいとされています。



しかし、夜泣きの頻度や期間などは、子どもによって異なります。ほとんど夜泣きがなかった子どももいれば、2歳になっても夜泣きが続く子どももいるのです。夜泣きが長いからといっておかしいのではなく、個人差の問題であることを知っておきましょう。



夜泣きの原因

ここからは、夜泣きの原因について、月齢ごとにご紹介します。




生後1~4ヶ月ごろ

生まれたばかりの子どもは、自律神経や体内時計が発達していません。つまり大人のように、夜は眠って朝起きるといった生活リズムが確立していない状態です。したがって、赤ちゃんは夜も起きたり寝たりを繰り返しているので、夜泣きしてしまうといわれています。




生後5~6ヶ月ごろ

生後半年ごろになると、子どもの脳は急速なスピードで発達します。通常、起きている間に受けた刺激は、夜眠っている間に脳で処理します。しかし、この時期の脳は非常に多くの刺激を吸収するため、睡眠中にすべてを処理できず、目が覚めてしまうのです。




生後半年~1歳ごろ

1歳ごろの時期も、脳が発達を続けているので、夜泣きが起きやすいです。さらに卒乳や夜間断乳をスタートさせた場合は、お乳が飲めないストレスによって、夜泣きが多くなる可能性もあります。




オススメの夜泣き対策

ここからは、子どもが夜泣きをしてしまった場合の対策についてご紹介します。




音楽や落ち着く音を聞かせる

夜泣きを落ち着かせるためには、赤ちゃんが心安らかになれるような音や音楽を聴かせてみましょう。たとえば、テレビの砂嵐の音や、ナイロン袋をこすり合わせる音などは、赤ちゃんを泣き止ませる効果があるといわれています。




入眠へのルーティーンを作る

夜は早めに照明を消したり、朝はカーテンを開けて日光を浴びたりして、体内リズムが整いやすくなるような工夫をしてみましょう。また、寝る前に絵本を読んだり子守唄を歌ったりするルーティーンを作っておくと、自然と眠りに入りやすくなります。




外の空気を吸わせる

夜泣きが落ち着かない場合、一度照明をつけて遊んだり、窓を開けて外の空気を吸わせてみたりしてみましょう。外の空気に触れると、気分転換になって、ぐっすり眠ってくれるケースもあります。




夜泣きによるストレスをためないために

夜泣きが落ち着かないと、世話をする側は睡眠不足になるだけでなく、ストレスがたまってしまいます。ここからは、夜泣きとの心の向き合い方についてご紹介します。




夜泣きは親のせいではない

夜泣きは、子どもの成長過程で起こる生理的な現象であるといわれています。したがって「自分の育て方が悪いのではないか」「昼の過ごし方が間違っているのではないか」と、親が自分を責める必要はありません。




悩みをひとりで溜め込まない

毎日の夜泣きが続くと、どうすればよいか途方に暮れてストレスがたまってしまいます。そうしたときはひとりで溜め込まず、パートナーやママ友などに悩みを相談しましょう。とくに寝かしつけの負担がひとりに偏らないよう、夫婦で役割分担をするのがオススメです。




休憩の時間を作る

夜泣きの世話だけでなく、食事や排泄、遊びなど子育ては、とにかく体力と精神力を消耗します。ずっと子どもにつきっきりでは、パパ・ママの負担はどんどん大きくなってしまいます。たまには子どもをパートナーやベビーシッターなどに預けて、ひとりでカフェに行ったり友だちと会ったりするなどして、休憩する時間を設けるようにしましょう。




夜泣きには鍼灸治療がオススメ

赤ちゃんの夜泣きにお悩みの場合は、プロによる鍼灸治療を受けさせるのもオススメです。夜泣きの原因のひとつに、自律神経が未発達であるために、バランスを崩しやすいことが挙げられます。



鍼灸治療によって自律神経のバランスを整え、夜泣きを改善させることが期待できます。鍼を刺すのが怖い子どもの場合は、刺さない鍼である小児鍼がオススメです。夜泣きにお困りの方はひとりで抱え込まず、プロによる鍼灸治療を検討してみてください。


まとめ

今回は、夜泣きの原因や対策についてご紹介しました。夜泣きは赤ちゃんの成長過程で生じる自然な現象であり、時間が経てば、治まっていきます。しかし、やまない夜泣きにお困りの場合は、親だけで抱え込まずに、プロによる鍼灸治療を受けさせましょう。


ポプリ鍼灸院は、さまざまなお悩みに対して適切な鍼灸、整体の治療を施す鍼灸院です。ベーシックな鍼灸に加えて、刺さない鍼である小児鍼(てい鍼)を得意としています。痛みを感じない鍼ですので、安心して施術をお受けください。


当院は、押上駅から徒歩圏内の好立地に位置しています。通いやすい鍼灸院となっていますので、夜泣きを改善させたい方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。



◇ストレートネックによる首痛・頭痛への、

お身体の不調に優しい鍼灸治療=ヾ(≧▽≦)ノ◇


♧message by 墨田区押上 腰痛・肩こり・頭痛・めまい・眼精疲労・

神経痛・しびれ・未病症状・ストレスによる自律神経の乱れ・その他

デスクワークやテレワークなどの仕事による現代病改善・

風邪予防・内臓器の不調改善、

美容鍼・小児鍼、

笑顔・整体・血行血流&免疫力改善向上・ツボ治療のポプリ鍼灸院♧


☆インスタグラムで、心もゆっくりお休め下さい☆

★ツイッターでもひと休みを♬★


♤ポプリ鍼灸院ご予約はこちらへどうぞ♠

♠メニューはこちらへ♬♤

♡ポプリ鍼灸院の中をもっと見たい方はこちらへ♥

(前HPですが、現在も活用しています♪)


~錦糸町・住吉・清澄白河・両国・亀戸・曳舟など、

数駅離れた所や、埼玉県など遠方の場所からでも、

症状改善のため、多くの患者さん達にご来院頂いております🚋~

NEW

  • シミを改善させる方法とは?メカニズムや原因についてもご紹介

    query_builder 2022/09/26
  • 夜泣き対策はどうすればいい?月齢ごとの原因もご紹介

    query_builder 2022/09/19
  • 目立つほうれい線を改善させる方法とは?深くなってしまう原因もご紹介

    query_builder 2022/09/12
  • 目の下のクマを改善させる方法とは?種類・見分け方や原因もご紹介

    query_builder 2022/09/05
  • 目の下のたるみを改善させるには?原因や対処法をご紹介

    query_builder 2022/08/29

CATEGORY

ARCHIVE