墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【トリリンガル】♪

query_builder 2021/04/05
ブログ
16C378A9-0B4E-465B-A2F5-50A44F4F7980

~デスクワークで腰やふくらはぎを痛めていませんか?放置してお辛くなる前に、墨田区押上のポプリ鍼灸院へご来院下さい。鍼灸・整体治療で血行・姿勢を整えて原因を改善しましょう(^-^)。~


今日は気圧の変化もあり、患者さんが皆体調を崩されていました。

雨の日は治療を避けがちですが、身体のことをよく知る良い機会でもあります。

ご来院出来る時は、雨の日でも鍼灸治療をおすすめ致します。

今回は、言語学習に関わる脳についてのお話です。


母国語に加えて二つの外国語の計3か国語を操れるトリリンガルの人は、さらに新しい言語を学ぶ際、外国語を一つだけ使えるバイリンガルの人よりも

短時間で習得できるという結果を、東京大などのグループが日本人49人の実験で見つけました。

音声だけを使って言語を学習する際にも、映像をイメージする脳の視覚野を活用しているようです。


東大の酒井邦嘉教授(言語脳科学)らは、東大や上智大の学生らにカザフスタンのカザフ語を学習させました。

すると、日本語以外に英語とスペイン語を話せるトリリンガルの28人は、この二つの言語のリスニング能力が高い人ほど、カザフ語を短時間で聞き取れるようになる傾向がありました。

問題の回答にかかる時間の減り方も、英語だけしか話せないバイリンガルの21人より大きく、新しい言語への順応性が高かったようです。


脳の活動をfMRI(機能的磁気共鳴断層撮影)で調べると、トリリンガルの人は、言葉の処理に関わる言語野の働きがバイリンガルの人より活発だっただけでなく、音声だけを使った課題でも、視覚野が強く働いていました。

イメージを使って言語を学習しているとみられます。


欧州やアフリカの多民族国家では、いくつもの言語を操る人が珍しくありません。

酒井さんは「多言語話者のほうが脳をダイナミックに使える。英語に触れる時、さらに別の言語と同時に学ぶのが自然で有効な方法だ」

と話しました。


<参考文献:朝日新聞 朝刊・夕刊>


ツリー勉強法に似た原理で、とても納得がいきました。

私も改めて医学の勉強をする際には、言語ではありませんが共通する生理や解剖、栄養学などの知識を同時に混ぜて覚えていきたいと思います♪


◎脳は様々な指令を身体にだしてくれますが、せっかくの指令も腰が痛んでいては届かなくなってしまいます。歩き方が乱れたり、腰痛による足のしびれ・足の痛み、肩の痛みなどに発展する前に、鍼灸・整体治療を重ねていきましょう◎



◆腰痛+腰痛=(+o+;;)◆

◇腰痛治療+腰痛治療=

(´▽`*)◇

♧message by 墨田区押上 腰・肩・頭痛、美容・小児鍼のポプリ鍼灸院♧



☆インスタグラムで、心もゆっくりお休め下さい

★ツイッターでもひと休みを♬★


♤ポプリ鍼灸院ご予約はこちらへどうぞ♠

♠メニューはこちらへ♬♤



NEW

  • 墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児鍼・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【コロナ薬】♪

    query_builder 2021/04/18
  • 墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児鍼・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【マスク】♪

    query_builder 2021/04/17
  • 墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児鍼・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【コロナ病床】♪

    query_builder 2021/04/16
  • 墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児鍼・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【温暖化】♪

    query_builder 2021/04/15
  • 墨田区押上の鍼灸院、腰・頭痛、肩こり、小児鍼・美容鍼治療のポプリ鍼灸院から【2回接種者】♪

    query_builder 2021/04/14

CATEGORY

ARCHIVE